1963年創業以来、ハリー・バックラック社は、高品質のシルクテキスタイルの製造と

デザインを行っており、現存するアメリカの絹織物製造会社では最も長い歴史を持っています。最初のコレクションは、プレッピースタイルの王道であるレップ織りと、英国の

ハイソサエティが好んだストライプ柄をアメリカ風にアレンジしたものでした。

数万枚を越えるアーカイブは、お客様、デザイナーのインスピレーションの発信源であり、全てのデザインはマンハッタンにあるデザインスタジオで行われています。お客様とビジョンを話し合い、新しいデザインを興すことも私達の重要な仕事です。デザインソフトウェアと織り機を連動するテクノロジーを駆使することで、複雑なデザインも短時間で効率的に

提供することができます。

私達はお客様とのパートナーシップを大切にした、デザインと製造を心がけております。

製品を卸すだけに限らず、デザイン、生産、製造の経験を活かし、それぞれのお客様のマーケットに合った新しいコンセプトの提案や、マーケティング、製品開発に取り組んでいます。デザインプロセスと細部への徹底的な指導と監督により、定評のあるテキスタイルを

提供しております。

マンハッタンのデザインスタジオでは、アーカイブの閲覧をして頂くことができ、また、

ネクタイ生地のデザインに特化したデザイナーと業界を熟知したマーチャンタイザーが、

お客様のニーズに適したユニークなコレクションをご提案致します。品質の高い製品を納品する責任を果たすとともに、常により良い製品開発、事業展開に取り組むことを目標にしています。

デザイン in New York

1/3